新型コロナウイルス(コロナショック)

11月中旬に入り、コロナ第三波という言葉も出始め、まだまだ予断を許さない状況の中、企業も個人も経済苦境が続いております。

日本の4-6GDPは年率27.8%と戦後最悪の落ち込みというニュースも記憶に新しいかと思いますが、コロナウイルス関連倒産1124日時点で726件、失業者の数は7万人を超えています。

何より不安なのは、これがまだ氷山の一角である点、倒産、失業者がますます増えると予想されています。

不安が募る中、自粛やストレス、様々あるかと思いますが、未来を悲観することなく、未来を見据えて今を考えていきましょう!!

こちら株価をご覧ください。

こちらは、米国S&P500、日経平均株価です。

IMG_1221.png

20203月に急落を見せたが、コロナ前と比べると既に回復しましたね!

このような出来事で、株価の急落が起きた時、世間的には〇〇ショックなどといいますね。

その他、影響を与える重要人物の発言や国の動向など、様々要因はありますが、最近のもので、〇〇ショックとネーム化されているものをちょっとあげてみます。

2006年 ギリシャ・ショック

2007年 サブプライム・ショック

2008年 リーマン・ショック

2013年 バーナンキ・ショック

2015年 チャイナ・ショック

2020年 コロナショック

なんと約15年間で6回も〇〇ショックは起きています。

(ショックが付いていないものは省く)

 

しかし、過去も同じようにショックは起きておりますが、いずれも株価は上昇トレンドとなり回復しています。

このように、株価から見てみると、要因は様々ありますが、経済成長をしています。

こうしたことから解るように、

ショックが起こるタイミングは誰にもわかりませんが、

ショック後に起こることはわかるわけです。

 

そう、長期的な目線で資産作りをしていく!

これが、資産形成の醍醐味ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA